顔のたるみをとる、顔のたるみ解消サイト

スポンサードリンク



顔のたるみを治す方法を紹介しています。
顔のたるみを治すサイトの管理人が様々な方法を試してみて、これはいける♪と感じたものを紹介していますので、参考にしてもらえるとうれしいです。

 

顔のたるみはざっと原因を述べると、要は顔の衰えです。
細かく分けると、顔の肌の表面のハリの低下と表情筋の衰えなんです。

 

肌のハリの低下を防止、解消するにはとにかく保湿!ということが言われています。
保湿クリームや保湿効果の高いオールインワンゲルを顔に塗ってハリの低下を解消していくことになります。

 

あわせて、リンパの流れに沿って、リンパマッサージを行ったり、表情金を鍛えるエクササイズ、あいうえおべー体操を行っていくと良いですね。

 

ハリの低下を防ぐスキンケアに関しては、女性は特に寝る前の洗顔や、起きてからメイクする前に洗顔をばっちり行っていますので、この後に、スキンケア化粧品を使用することになると思います。

 

あいうえおべー体操はおうちを出る前や寝る前に10分程度行えばできますし、移動中、特にクルマで移動している人はこの間に行うと効率的ですね。

 

 

また筋肉も衰えると加齢により垂れ下がってくる、というのもありますが、脂肪が筋肉の中に入ってしまうんですね。
いわゆる霜降り肉のように、筋肉の中に脂肪がある状態なんです。

 

こうなってしまうと筋肉自体が重くなってしまいますから、さらに垂れ下がってしまってたるみを引き起こす原因になってしまうんです。

 

こういった霜降り肉状態でも、気長にマッサージやエクササイズで治らないこともないのですが、おこまできたらエクササイズなどを行なうのが億劫だったり、続かなかったりします。

 

こうなった場合に効果的なのがエステサロンです。
エステサロンのフェイシャルマッサージやリンパマッサージで老廃物を排出しながら、筋肉にも刺激を与えて、顔の筋肉の霜降り状態を解消していくわけです。

 

芸能人のように毎日のようにエステサロンに通えるなら良いのですが、一般人の場合はそこまで金銭的には続かないと思うので、1週間〜2週間の間に1回程度エステサロンに通い、その間に自宅でも保湿を中心としたスキンケアを行っていけば、効果的に顔のたるみを治すことができます。

 

 

したがって、自宅で直すスキンケアを中心に紹介しましたが、それだけでは効果が出ない、スキンケアにかける時間がない、という場合はエステサロンの門をたたいて見るのも良いですね(^^)v

 

スポンサードリンク